FXの自動売買と売買シグナルの違い - FXの売買シグナルならSignal24(無料期間あり)

FXの自動売買と売買シグナルの違い

まずFXの自動売買は、過去の相場データを参照し、複数のテクニカル指標、注文執行条件を組合せて作成された売買ロジックのシグナルに基づき売り買いを自動で行うというものです。

一方で、売買シグナルは自動売買と同様、売買ロジックに基づいた売り買いのポイント、いわゆる売買シグナルをサインとして配信するものです。自動売買とは異なり、サインの発生を確認してから、自分で判断してから注文を出すことができます。

もちろん、自動売買も売買シグナルも、その大元の売買ロジックは、利益の最大化、損失の最小化の実現を目指し作成されるため、FXの運用には非常に有効な手段となりえると考えられます

シグナル配信と自動売買、裁量取引メリットとデメリット

シグナル配信と裁量取引、自動売買における想定されるメリットとデメリットをご紹介いたします。

自動売買における想定されるメリットとデメリット